【レトロゲーム秘宝館-別館-】「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険 」

「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険 」バップ 1986年11月21日発売

元祖西遊記スーパーモンキー大冒険 レトロゲーム イラスト

株式会社バップのファミコン参入ゲーム第1弾。キャッチコピーに「歴史的ソフト…ってなわけだ」「パノラミックな大冒険だゾ!」という言葉を引っさげて登場した、自称「究極のロールプレイングアドベンチャー」。…しかし実際は冗談でもそんなことを言ってはいけないシロモノである。

当然、『西遊記』をモチーフにしているのだが、「孫悟空たちが天竺にお経を取りに行く」こと以外に物語性は一切なく、天竺に向けてひたすら「700画面」ものフィールドマップをとんでもなくもっさりとした遅い動きで彷徨うことになる。

時たま敵に遭遇しアクションバトルに発展するも、こちらも操作が非常に劣悪、終始何をしているか分からず、戦闘の終了時もなんのアナウンスもなく通常画面に移行するので、勝ったのか負けたのか分からずじまい。
さらにはフィールドでは水、食料といった概念がありこれらが底をつくとゲームオーバー。
無駄に広いマップを探索することさえ困難という始末。

なお目的地や攻略のヒントなどはゲーム中一切存在せず、付属の説明書にヒントが少し乗っているのだが、それを読んでもなお理解できかねるという不親切さが、このゲームの難易度をさらに引き上げている。

ファミコン黎明期を代表する「クソゲー」であり、それを疑う余地もない存在感は、知る人ぞ知る伝説的存在。ゲーム全体から醸し出される「クソゲー要素」は単純にゲーム全体を蝕むだけでなく、「どこをとっても、誰がプレイしてもクソ」という、単純な「楽しくなさ」の追求に成功していると言える。楽しくなければゲームではない、ではこのゲームはなんなのか?果たしてこれはゲームなのか?

近年ではファミコンゲームのロム解析が進み、本作のロムを解析すると、デザイナーの「なかじまかおる」氏が残したゲームとは無関係な下品な隠しメッセージが出てくる。↓


若気の至りか、なぜこんな文章を残したのか真偽は不明だが、噂によるとこの「なかじまかおる」氏は未だにゲーム業界現役だという話。このゲームの魔力が引き寄せた産物だろうか…時代の流れは見えなくていい物まで浮き彫りにする事も多々ある…。

コメント

子供の頃、親戚の家に遊びに行って初めてプレイしたゲーム。開始数分でギブアップして電源を切った覚えがあります…。
子供じゃあ理解できないむずかしいゲームなんだろうな~と思ってましたが、大人すら理解し難い存在だとはその頃の僕は知る由もなかった…。

レビュー

伝説のクソゲー!面白くなさ、難しさは歴史的ソフト…ってなわけだ

オススメ度 ★★★★
メジャー度 ★★★★★
難易度 ★★★★★
セクシー度 ★★★★
関連情報

 

サークル作品

ダークファンタジーエロRPG「THE HEART OF DARKNESS-ザ・ハート・オブ・ダークネス-」 ダークファンタジーエロRPG「THE HEART OF DARKNESS-ザ・ハート・オブ・ダークネス-」 フィッシングエロRPG「川のヌキ釣り~滝つぼの天女~」 フィッシングエロRPG「川のヌキ釣り~滝つぼの天女~」 ネオ時代劇エロRPG「MANGEⅡ」 ネオ時代劇エロRPG「MANGEⅡ」 ゾンビパラダイス サバイバル エロRPG「FOUND DEAD」 ゾンビパラダイス サバイバル エロRPG「FOUND DEAD」 -ファウンドデッド-

Written by コッパペン

ビックウェンズデー代表(名ばかり)兼シナリオライターを勤めさせていただきますコッパペンと申します。製作においては主に、小説、シナリオの作成をメインにその他雑務を担当しています6月生まれの♂です。 サークル発足に至っては、以前から自分のやりたかったこと、目標としていたことなどを実現させる為に、日々精進していく所存であります。絵師れっどらーく君の協力を得てエロエロなモノをいっぱいこしらえてエンジョイ&エキサイティングー!と、まぁこんな野郎ですが一つヨロシクお願いします、ええ。

This article has 1 comments

  1. れっどらーく
    れっどらーく Reply

    元祖西遊記スーパーモンキー大冒険のイメージイラスト追加しました。

    このゲームの虚無感・・・これ以上の衝撃のゲームはないです。
    洗脳されそうな音楽と映像。あ~、心に大きな穴が開くカオスゲー。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です